教育ローン奨学金どちらを借りる?どちらがお得になるのか徹底検証

教育ローンの申し込み方法について説明します。

申し込み方法は郵送で申し込む方法ややインターネットでの申し込みなどがあります。

郵送の場合は事前に電話などで申込書を請求します。

その後届いた書類を記入し、返送します。

インターネットの場合は事前診断コーナーがあるのでわずか数秒で借り入れ可能か診断することができますので、まずはそれをやってみましょう。

仮審査の申し込みもWebで行えますし24時間いつでも受付けているところも非常に便利です。

無事に仮審査の申し込みが完了しましたら受付け完了メールが届くと思いますので、必ず確認してください。

奨学と教育ローンの違いは何でしょう?教育ローンと奨学金は教育のためのお金と言う点では共通しますがそれぞれ異なるものです。

教育ローンは借り入れ人は保護者ですが奨学金というのは学生本人に対して貸し付けられます。

借り方にも違いがあり、教育ローンは一括で振り込まれるのですが奨学金は毎月一定額が振り込まれるというものです。

利息についても違いがあります。

教育ローンは借りた日の翌日から利息が発生するのに対し奨学金は在学中には利息が発生しないのです。

返済開始の時期に関してですが、教育ローンは借りた翌月から始まりますが奨学金は卒業後からの返済となります。

低金利な教育ローンと言えば教育一般貸付という国営のローンがあります。

金利は年1.76%という低金利となっており銀行や信販会社の教育ローンと比較するととてもお得なのが分かります。

通常銀行で3から5%、信販系で5から10%になるので国のローンが群を抜いて低金利であると言えます。

使途は、学費以外にもアパート代やパソコン購入費など教育に関連したことであれば学校納付金以外にも広く利用することができます。

ただし、国の教育ローンは低所得者の方のためのローンですので融資の対象となるのは高校や大学を目指す中学校卒業以上の子供になります。

銀行の教育ローンというものは、普通は、金利が低い商品が多いです。

参照:教育ローン審査が甘い銀行は?落ちたらどうする?【学費を借りたい】

ノンバンクのローンと比較すると融資金額も大いですし返済期間も長期間にわたるので余裕を持って返済することが可能です。

近頃はネット銀行もだいぶ増えているのでWeb上で手続きをするだけで完結できる銀行が多くなり利便性もとても向上しています。

銀行口座がなくても申し込みOKなローンもありますが口座があると低金利の優遇金利を受けることができるという銀行が多いです。

また、住宅ローンの利用でも金利を優遇してくれる銀行もあります。

教育ローンが借りれないという人にはどのような事情があるのでしょうか。

恐らく色々な要因があるでしょう。

まず、働いていることが貸付要件としてありますので無職であったり年金受給者の方は借りれません。

正社員じゃないと借りられないということはありませんが安定継続した収入を得ているということをきちんと証明しなければいけません。

非正規雇用の人は最低限2年以上の勤続年数がないと難しいです。

また、年収も200万円以下の場合は審査には通らない可能性が大きいでしょう。

教育ローンの金利を説明します。

教育ローンの金利は金融機関によって大分差があります。

金利が低い融資期間だと1%台からありますが金利の高いところでは10%近いところもあります。

銀行の教育ローンの場合は口座を作ることで優遇金利が適用される場合があります。

金利の計算方法にも2種類あり変動金利と固定金利という違いがあります。

目下のところ低金利の時代となっていますので固定金利の方がリスクが少ないでしょう。

埼玉りそなの教育ローンはりそな教育ローンという商品名です。

変動金利になっているので1年に2度、4月1日と10月1日に金利が見直されます。

現在の店頭表示金利は2.20%ですが埼玉りそな銀行で住宅ローンを利用している人ならば。

住宅ローンご利用者プラン1.80%が適用されます。

最低10万から1万単位で最大500万円まで借り入れることができ返済期間は最長14年です。

在学中は利息分のみの返済も可能で、入学前の納付金を支払った後でも3ヶ月以内であれば借入れ可能などのメリットもあります。

教育ローンもローン契約なので融資を受けるには審査に合格する必要があります。

審査を受けるためにはいくつか用意するものがあり、本契約までには全て揃えておく必要があります。

ネットで申し込んだ場合借入申込書は必要ありませんが源泉徴収票などの収入を証明する書類は必ず必要です。

運転免許書やパスポートなど本人が確認できる書類や住宅ローン(家賃)などの支払いが確認できる通帳のコピーも必要となります。

ですが、何より最も肝心な書類は在学証明できる書類や合格通知、入学許可書になります。

教育ローンではいくらまで借りられるかということについてご説明します。

最初に答えを言うと、銀行やノンバンク等によって融資額はそれぞれ異なります。

国の教育ローンは最大限度額が350万円と決まっています。

民間の銀行の場合は最大で1000万円程度融資してくれるところもあります。

就学先が医学部や歯学部の場合は、最大で3000万円までローンを組んでくれる銀行もあります。

一方、信販会社の中には学校と提携して教育ローンを提供していることもあり、提携校によって融資額に違いがあるほか、審査は早い分金利は高い等と言ったこともありますので、精査が必要です。

ろうきん(労働金庫)とは会員が出資し相互扶助を目的に設立された非営利団体です。

銀行や信販会社などのように営利目的で運営されていませんので金利は2から3%程度になっています。

融資限度額は1000万円から2000万円と、教育ローンとしては結構高額で返済期間は15から20年と長期にわたるのが特徴です。

一般の人でも借りることはできますが労働組合や生協組合などの会員であれば優遇金利が適用されることが多いです。

ろうきんの特色として地方の労金の場合は入学金や学費以外に仕送り代なども認められている点が面白いですね。

教育ローンとはどういったものかご存知ですか?教育ローンとは用途を教育関係の費用に限定したローンです。

受験を控えた学生の親御さんなどが学費の支払いのために利用することが多いようです。

義務教育以上の学費はもちろんのこと、私立の小・中学校なども利用対象となります。

融資してくれる金融機関は銀行やノンバンクになります。

気を付けなければいけない点として金融機関によっては保育園の費用や習い事には利用不可としているローンがあります。

教育ローンを比較するのであればランキングサイトを利用すると効率的です。

いちいち金融機関を回ったり資料請求する手間はかかりません。

借入可能額や金利などの具体的な数字は一覧表になっていますので、容易に比較可能です。

ランキングサイトには、来店の要・不要についてやローンのお勧めポイントなどが網羅されているサイトもあります。

わざわざ検索しなくても、銀行のHPへ飛べるようにリンクが貼られていることが多いので詳細確認や申し込みにも便利です。

教育ローンにはカードローン型と呼ばれるタイプがあることをご存知ですか?一般的なカードローンと同じでカードの限度額の範囲内であれば自分の好きなときに借り入れや返済ができるローンになります。

一般のカードローンと違うところは使途が教育資金に限られるということです。

消費者金融や信販会社に良く見られる商品なのですがこのタイプを提供している銀行もあるようです。

借入金額が明確になる初年度は一括借入れ型で詳細が未定な2年目以降はカードローン型が利用できる金融機関もあります。

高校生の学費は安いと思っている方もいるかもしれませんが、私立であれば年間70万円以上も学費が必要になります。

学費が払えないとどうなるか?除籍や退学を迫られる可能性もあります。

高校は教育機関なので、すぐに除籍ということにはなりませんが3か月以上滞納してしまうと、除籍や退学になる可能性が上がります。

学費の支払が滞ってるとなると解決方法には借金しかありませんが借りる際には借入先は慎重に選びましょう。

国の教育ローンなら世帯年収が低い方のための教育ローンですので安心して借りることができます。

教育ローンの受け取り方として全額一気に振り込まれる一括借入れ型があります。

つまりは住宅ローンのように一括でまとめて受け取ることができるタイプの融資です。

銀行が提供している教育ローンの多くはこの一括借り入れ型を採用しています。

一括借入れ型の主な特徴としてローン契約と同時に返済金額も確定となる点です。

返済計画が立てやすいというメリットがありますが計画的に融資を使っていかないと、不足した時に新たにローンを組まなければいけないなんてことになってしまうかもしれません。